投稿

魂の救済と牡牛座天王星時代

イメージ
こんにちは。
気圧の谷間から抜けて清々しい日が続いていますね。
私は風邪をひきましたが、ようやく復活しました。

牡牛座新月と、天王星の入座直前の発熱。
これはもうメタモルフォーゼの兆候でしかないと思って、レイキや何やら。
憑依の気配もありましたし。

最終的に、手放しを様々に経験しました。


不安、コントロール、執着、こうであって欲しい、ああしたい、こうしたい・・・etc...


一旦それらを全て手放して、良い意味での流れを受け入れようと。
大きなシフトの時ですからね。


ドカッと不安が襲って来たりもしましたが、こうして揺さぶられながらまた不要なもの、
古くなったものを脱ぎ捨てるのだろうと。
そうやって今朝の瞑想では、ようやく新しい天王星のエネルギーをインストールできました。
一旦リセットすることでオペレーティングシステムのバージョンアップ、再インストールが起こりました。



前日に感じていたことがありました。
人はなぜ、ここまで魂を眠らせて肉体に埋没させてしまっているのだろうかと。

駅からサロンまでの道のりは、新宿の雑踏です。
たくさんの人とたくさんの音、刺激に溢れています。
私にはこの街の放つ刺激が、魂を眠らせておくためにアストラル的欲求を増長させているものに思えてなりません。


テレビも然り、インターネットも然り。
低位自我の欲求に目を向けさせておくことで、魂の目覚めを阻害するものばかり。


それでも、どこか深いところで沸き起こる魂の欲求を感知する人もいますし、
全く気が付かない人もいる。


私はウスイレイキのアチューンメントを大切な仕事と位置付けていますが、
魂の声、欲求、その放つ光を感知しようとする人にとってはレイキはとても役に立ちます。
最終的に魂の光からの奉仕、ヒーリングを行う方向へと、自らを育てていく土台になり得るものです。

しかしそれも、気づいている人ならそのような動きが起こるというものであって、
レイキを単なるハンドヒーリングとして位置付けているだけだったり、
はたまた魂の声やその光を感知しようという意図がなければそのようにはなりません。


そしてこの時節がやって来ました。
牡牛座という超物質的なフィールドを管轄する領域に、天王星が入座するという時間。
これを豊かさの改革と位置付けている占星術家が大勢見受けられます。


それはそうなのですが、云い方、云い回しには注…

マスター・ジャーメインの邂逅 その2

イメージ
少しまた、こちらのブログはお久しぶりになってしまいましたね。
最近はイベントやショップ企画のお報せばかりが続いてしまいましたので・・・。

と言いつつ、まだお報せが続く予定(笑)
6月の算命学コラボセッション平日枠の追加と、マスター・サンジェルマン、
セントジャーメインのエネルギーでの瞑想会を企画しています。
どちらもまたアメブロにて告知いたします。




連休最終日の空 たくさんの宇宙船雲が出ていた午後は、ご帰省先から戻られてすぐの方のセッションでした。 爽やかな風のような雰囲気を纏ったままお越しになられたS様は、ご自身のこれからを大きく変容させようとしていらっしゃる最中。 会社を辞める方向で考えていらっしゃいました。 私はあまり、会社を辞めることを積極的に進めることはありません。 以前はもっと気軽に賛同していましたが、ここ数年、特にサロンをこうして外に構えてからは、 そういうアドバイスが出ることは先ずありませんでした。 だって大変ですから(笑) 現実とスピリチュアリティの融合を、どこまで覚悟を持って自分で推し進めて行くか。 私がこの世界に足を踏み入れた頃、そして初めて何かしら施術を他者へ提供できるようになった頃、 周りにはたくさんのヒーラー活動をされる方がいらっしゃいましたが、 あれから数年が経ち、今でも活動を継続している人はほとんど見かけなくなりました。 私が距離を置いているのか、置かれているから見えないだけなのかは分かりませんが。 あの当時はまだ、会社を辞めてスピリチュアルの道に~というのが許されていた感じですね。 しかし今は、特に今年に入ってからは、そんな空気は消え去りました。 だから、会社を辞めるという選択には慎重になった方が良いと思っていたんです。 それなりに計画性と覚悟と貯金が要ると(笑) しかしS様は、以前から考えて迷っていたのは存じ上げておりましたが、ご自身の意思と 身の回りに起きている出会い、人脈、そこから派生する流れ、それら全てに押し流されるかのように 方向性が創られていらっしゃって、決断をご自身で出されていたのでした。 そうなったらもう、私がどうこう言う問題でもありません。 もっとずっと、大いなる意思が方向を指し示すのに素直に従っていらっしゃるのですから。 素晴らしいなと思いました。 そしてワークに入って見ると、降ろされたのはセントジャーメイン…

アースデーに ☆ 地球創成のスピリットのお話 ☆

イメージ
こんばんは。
アースデーの今日、皆様いかがお過ごしでしたでしょうか。
暑い日になりましたねー。


御苑の写真と共に。
で、私はと言うと、今日は家族の用事があったのですが、
昨日お越し下さいました方のセッションがこのアースデーにピッタリな内容でしたので、
ご了解いただいたいて書かせていただきます。


この日のM様は、幾人かのお知り合いからの繋がりで天使の唄を受けてみたいと、
初めてお越し下さいました。
最初にお話ししている時から感じていたのは、とても地球的なもの。

どんな方でも大抵ワークに入る前から魂のルーツ的な、宇宙からの繋がりが見えて来るのですが、
この方の場合、それがとてもとても、地球そのものの波動でした。


こんなサロンにいらっしゃる方は、そのほとんどが宇宙由来の魂で。
今迄にネイティブ地球人みたいな魂っているんですか? と聞かれることがあっても、
そう言う方がこうしたサロンにお越しになることがなかったので分かりませんとお答えしていました。


が、もしかしたらM様は、そんな、私が今までお見受けすることのなかった魂さんなのかしら???
そんな思いを抱きつつ、セッションに入ります。


大天使たちを召喚して、いつも通り、天使の唄ワークへとエナジーを繋いで行ったのですが、
ううむ、やはり、いつもと何かが違います。

私の周波数を合わせる先、チャネルする先が、やっぱりいつもの周波数とは違うのですね。
暫くは無心になって、ただひたすらM様の周波数に私の意識を合わせて行きました。
この作業は本当にラジオのチューニングと同じことをしているんだと思います。


ようやく合って来たかな・・・・ と思ったら、 バン!と見えて来た場面がありました。


地球・・・なんですけど、今の地球ではない地球。
溶けた茶色のドロドロとした世界。まだ海も陸も、空も大地も分かれていない惑星の初期。


すると、神様の前でまるで啖呵を切っているかのようなM様が顕れました。
決意表明とでもいうのか、とても強い意思を神様に向かって表明している感じです。


これは、どうやら、M様のスピリットが地球へ向かう前のことだなとお見受けします。
地球へ向かうことを、神様に向かって宣言しているようなご様子でした。
そうしてM様のスピリットは創成初期の地球へとやって来たのですね。


何て古いお話なのだろう・・・と。


このワークは大抵が、人類創世…

マスター・ジャーメインの邂逅

イメージ
こんばんは。
こちらは先日、をちみづ新作の撮影に行った時のもの。
御苑は清々しい季節になって来ました。




この花、何て名前なんでしょう?



御苑の中でもちょっと野性味が残る辺りが撮影スポットです。
瑞々しさと爽やかさの中では直観も冴えますね。 ここだ! こうだ! というのがピンと来る。



Annaさんの新作、是非ご覧下さいね。

http://www.celestialcave.com/?mode=cate&cbid=2400261&csid=0&sort=n


サロンのお部屋が隣の工事による騒音でお客様をお迎え出来ておらず、
ちょっと私もペースというか、調子がダウンしています。
もともと四月が苦手なのもあってか、テンションをホールドしていられないんですね。
そんな時には、NirielちゃんやAnnaさん達のように作家さんが頑張ってくれているのが支えです。




そうそう、こんな素敵なアンティークピアノで、個人レッスンの時間も持てました♡ プレイエルと言うフランス製の100年以上経っているピアノちゃんなんです。 サロンの騒音から抜け出して、近くのカフェでこんなピアノのレッスンを受けることが出来たから これはこれで良かったのかな。。。 プレイエルちゃんの響き、とても可愛らしいです。 高音はとても軽やかに響き、低音は幅と深みのある響きを奏でます。 少しずつ仲良くなって行きたい素敵なピアノです。  フランスのアンティークピアノは、仕立てがとにかく美しい。



こんなピアノちゃんで、これからショパンやシューベルトを練習して行くことになりました。
久しぶりに心躍る時間のために、おうちでも練習しなくちゃいけませんね。




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・  


そんなセッションが出来ない日々が続いていたのですが、その代わり? なのか、
タイトルに挙げた通り、アセンデッドマスター・セントジャーメインのエナジーが強く響いて来ていまして、
来週にでも、マスター・ジャーメインから降ろされたヴァイオレットフレームのエナジーアチューンメントを
始めようと思っています。


フランスやイタリアに縁の深いマスター・セントジャーメイン。
私が初めて繋がったのは、昨年の年明け早々の頃でした。

瞑想していた時に突如、両手のひらに紫とシルバーに輝く炎が手渡されたのですね。

新しい風

イメージ
こんにちは。
ちょっと間が空きすぎてしまいましたが、もうすぐ牡羊座の新月の時間ですね。
天王星が牡羊座にいたこの7年間をしめくくり、また次の牡牛座天王星時代への幕が開く新月です。
と言っても、昨今あまりに慌ただしくて何も計画出来ていませんでした・・・^^;




3月20日の春分明けから突如、慌ただしい日々が始まった印象です。
お花見シーズンということもあって、企画イベントやセッション、そして驚いたのがレイキアチューンメントが
たくさん増えたことでした。


あまりの忙しさに翻弄されていたのですが、そうしていたら今週~来週にかけて
サロンのお隣のお部屋で水回りの大改修が始まって、騒音が凄いのでご予約を全て振り替えていただくことによって
私はお休みが確保できました(笑)
それでようやく、こうしてブログ更新にパソコンに向かっている次第です^^; 


翻弄された日々の中でも大きなエネルギーの変遷が起こっていたのは事実。
瞑想も、ワークも、変わったなぁ・・・と自分でも思います。
特にこの数日、今週辺りの変化は本当に大きなものでした。
そのエナジーはまだ扱いきれていませんが、これからまたワークに落とし込んで行くことになるのでしょう。





新しい風が、吹き込んで来ていますね。
現実もエネルギーの世界も、変化はどんどん進むでしょう。


いよいよ、セルフメンテが万人に必要な時代が来たなぁとも思います。
私の言うセルフメンテナンスは、勿論エネルギー的、意識のメンテナンスです。
だってそれによって現実が創造されるのですから。

天王星が動く時の揺さぶりは、7年前に私達は大変大きな震災という形で経験済みです。
今回来週にも牡牛座へ入座する天王星、その直前のこの新月をいかに過ごして行くか。


そんな時に瞑想やセルフワークは、自身をコントロールし魂の顕現へと導いてくれる大きな支えとなり得ます。
ウスイレイキを受講して下さる方の多くがそのためでしょうね。
レイキを受講して下さる方が続いたのも、この辺りを肌で感じ取って下さっていらっしゃるのかなと思っています。


最近分かったんですけど、ウスイレイキの三段階に分けたアチューンメントは、
秘教的に見てもとても理にかなったものでした。

ファーストの段階で私達は、先ずはプラーナを知覚、体感することを通じて、
自然界に溢れるプラーナを身体に取り込むことを学びます。
実際には…

天地のコトワリ その2

イメージ
おはようございます。
アメブロにも記した通り、近所の河川敷が素晴らしい季節を迎えてウットリと眺めて来ました。
歯医者の帰りだったんですけどね^^;


一昨夜、お風呂で歯磨きしていたら突如ツメモノがポロリと!
翌日はお休みだったので、直ぐに近所の歯医者さんを検索してここがいいかなと思ったところへ駈け込んで。
ついでに諸処治療が必要な個所が発見されたので、これからしばらく通うことになりました。


行かなきゃなぁ・・・と思いつつ、なかなか行かないのが歯医者(笑)
ツメモノの再処理というアッと言う間に終わる事柄によって重い腰を上げさせられるというのは、
何だか連れて来られた感が強いですが^^;




この河川敷を通院できますのでそれを楽しみに頑張ります。 


さて、今日は前回の続きを。
続けるつもりじゃなかったんですけど、あの後信先生とやり取りをするうちにまた思ったことがありまして。

信先生もまた、後日談を書いて下さいました。

【  算命学の自分の宿命と環境が一致したら次どうする?】
http://sanmei-gaku.jugem.jp/?eid=499


分かり易い(笑)


地のコトワリを全うすることで天のコトワリ、魂の宿命へと人生の舵を切るということを書きましたが、
本当にその通りを実践されている。
凄いですよね。

そして、ここで私が使っている地のコトワリ、地の宿命を全うするということについての補足をしたいと思います。
宿命って、変えられるんだなというものです。


前回も書きましたが、私は自分の命式にある欠けている個所を欠点として、ウィークポイントとして扱うか、
逆にそこを開運ポイントとして扱うかで全く道が変わったんだなと気が付きました。
そこで思ったのが、宿命として持つものって単なる資質です。
その資質をどう扱うかで、陰にも陽にも転じさせることが出来るということ。


諸処の鑑定ツールというものは、扱う者の力量、視点、人間性によって言葉に置き換えられます。
占星術でもそうですが、今までのやり方、在り方のみで見ていると欠けやマイナスとしか言われてこなかった部分でも、
魂のレベル、見えない世界までを網羅して考えるとそれが大切な能力だったりもします。


地のコトワリを全うするとは、私の言い方ですが、自身の持つ要素を生かし切って自分の道を歩むことじゃないかなと。


恐らくは、鑑定師の方やこうした世…